ビーグレンで眉間のシワを取る

ビーグレンで眉間のシワを取る

眉間のシワや額のシワが目立ってきているということは、かなり深く刻まれているということになります。

額は紫外線がよく当たる場所で、光老化の影響を受けやすい部分。

眉間は、表情ジワで、いつも眉間に力を入れてしわを寄せていることで、自然にそれが深いシワとして残っていきます。

どちらのトラブルも長く蓄積したものですので、いつものお手入れではなかなか解消されません。

ビーグレンのお手入れとしては、一般的なお手入れ(クレイウォッシュ・10-YBローション・Cセラム・QuSome モイスチャーリッチクリーム)の他に、QuSomeレチノAを使います。

QuSomeレチノAは、2種類のビタミンA類成分、「レチノイン酸×ビタミンEのハイブリッド成分」と「レチノールプラス」が配合された美容液。

純粋なレチノールプラスがお肌を柔軟にして、レチノイン酸×ビタミンEのハイブリッド成分がじっくりとハリのもとを作り出します。

QuSomeレチノAは、深いシワに働きかけるだけではなく、ターンオーバーを整えたり、水分保持力の向上といった働きもあります。

使い方は、朝、晩と化粧水の後に使います。

日中に使う場合は、必ず日焼け止めを使って、紫外線を防ぐようにします。

また、QuSomeホワイトクリーム1.9と同時に使う場合は、朝か晩に分けて使うようにしましょう。

敏感肌の人は、少量ずつを試して使ってみることから始めたほうが良いです。

ディープラインケア トライアルセット

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*