ビーグレンってどう?~40代からの美容情報

ビーグレンの効果

ビーグレンの化粧品を6年前から使っている私としては、ビーグレンの化粧品が効果が歩かないかと言われれば

絶対ある

と答えます。

むしろ、効き過ぎて怖いくらいです(^-^;)

ただ、効果については、悩みによるというようなこともあると思うんです。

 

なんとなく漠然とした老化っていうのがあります。

何が違うのかよくわからないけど、何年か前とは明らかに違う。

肌のうっすらとしたくすみだったり、たるみによる影だったり、はっきりと確認できないくらいのシワとか。

ビーグレンの化粧品を使うと、そういうのが薄紙を剥ぐように少しずつ回復していく。

一言で言ってしまうと、若返るという感じです。

若返って困る人はそれほど多くないと思うんですが、ただ、お悩みというのはピンポイントなことが多いので、その場合は、時間がかかることもあるかもしれません。

 

例えば、シミですが、シミというのは長い期間をかけてなっていることが多いので、一朝一夕に改善するということはほぼないです。

そのため、効いた感じがしない人もいるかもしれません。

ですが、とくにシミについては、一般的な”美白化粧品”ではシミを取ることはできません。

それはなぜかというと、シミを薄くする成分が入っていないからです。

また、シミを薄くする成分が配合されている物があったとしても成分がメラニンまで届かなければ薄くなるわけがないんです。

ビーグレンのシミ専用のクリームには、ハイドロキノンというシミを薄くする成分が含まれています。

そして、それをちゃんとメラニンまで到達させることができるので、確実にシミを薄くしてくれます。

一般的な美白化粧品がやっているのは、あくまで「シミの予防」です。

シミを消してしまいたい人が使う化粧品ではありません。

悩みを解決するためには、当たり前ですが、悩みに合った化粧品を使うのが一番です。

ビーグレンのホワイトケア トライアルセット

 

ビーグレンの化粧水

ビーグレンの化粧水といえば、10-YBローションです。

DSCN3188

10-YBは、「10years back」の意味で、10年前の肌に返るという意味。

この化粧水を使うことで、10年前の肌を取り戻せるといったような魔法のようなコスメ。

QuSome(キューソーム)は、いくつかの成分を閉じ込めて、肌を作っている真皮やその他効かせたい部分に届けることができます。

10-YBローションは、モイスチャーバリアコンプレックスといって、肌のバリア機能を向上させたり、キメや血色を整える効果がある成分が配合されています。

手に取ると、とろみのあるローションで、美容液のような使い心地。

配合美容成分は、
・肌の土台を整える、クロノライン(カプロオイルテトラペプチド-3)
・肌にハリを与える、FGF
・ターンオーバーをサポートする、EDP3(EGF様成分)
・弾力を与える、IGF-2
・各層を整えて肌をなめらかにする、ホメオシールド

これらの成分が最適なバランスで配合されたキューソームが角層の奥まで成分を届けます。

たぶん、ローションが届いたら、大抵の人がその大きさにビックリすると思います。
こんなにリッチなローションが150ml入って、5,000円という破格の値段設定。

5,000円の化粧水はあまり安くないのですが、量がすごいので、それほど高いとは思わないと思います。

ビーグレン 10-YBローション

ビーグレンのクリーム

ビーグレンのクリームといえば、QuSomeモイスチャーリッチクリームです。

IMG_2850

QuSome(キューソーム)にはいくつかの成分を1つのカプセルに閉じ込め、お肌の奥の肌を作っているところや効かせたい部分に届けることができます。

QuSomeモイスチャーリッチクリームには、エイジリカバーコンプレックスといって、肌を支える土台を立て直したり、柔軟性のある肌を作ったり、コラーゲンやエラスチンを作る力をサポートする成分が入っています。

肌の基底層から真皮にとどまって、効果を発揮するので、使うほどにしっかりとした効果を感じます。

エイジングケアクリームなので、重めのクリームかと思いきや、伸ばすと意外とサラッとしたクリームです。

ビーグレンの美容成分は、載せてもあまり聞いたことがないものばかりだとは思いますが、肌に弾力を与えるポリアミン、ハリを与えるアップレビティ、肌の強さを作るラミリン、バリア機能を強化するアクアエクストリーム、肌本来の力を引き出すハイビスカス花醗酵液などが配合されています。

これが大手メーカーならば、2万円近くしてもさほど驚かないかなというような内容なんですが、お値段がなんと7,000円とお手頃です。

深い悩みに応えてくれて、さらに毎日続けやすい値段設定なので、リピート率も高いクリームです。

ビーグレンのクリームはこちら

ビーグレンのキューソームって?

ビーグレンの浸透技術って、いったいなんなのよ?って疑問に思っている方もいらっしゃると思いますが、これは、たくさんの肌によい成分を、肌が健康になるために必要な肌の奥深くまで確実に届けるという技術なんです。

化粧品についてこういうことを聞いたことはありませんか・・・

「高い化粧品を使っても、皮膚に浸透するのは表面だけのこと。浸透して効き目のある場所まで到達しないんだからもったいない。」
こんな感じのことです。

たしかに肌になんでもかんでも中に浸透してしまっては大変です。

肌には表面だけで留めておく機能があるんですね。

皮膚を作っている場所は、皮膚の奥の方の真皮というところですが、ここに栄養を与えられたら、肌は今よりも丈夫で健康になるんですが・・・

そう。

この真皮まで栄養を届けているのがキューソームです。

キューソームは、1つ1つに栄養をバランスよく配合しているので、中身の部分によって成分が偏っている、ということがありません。

また、皮脂に近い成分なので、浸透しにくい成分も届けたい部分までちゃんと届くことができます。

しかも、何層にもわたって包み込まれた成分を徐々に放出する「スローリリース機能」を採用しているので、長時間効果を持続させることができるんです。

こんな夢のような技術を持っているのがビーグレンの化粧品です。

ビーグレンのキューソームについて

ビーグレンで乾燥対策

ビーグレンの化粧品は乾燥に効果があるのでしょうか。

ビーグレンの乾燥対策として使われるのが次の化粧品です。

■クレイウォッシュ
■10-YBローション
■Cセラム
■QuSomeモイスチャーリッチクリーム

クレイウォッシュは洗顔時にお肌の保湿成分を逃さず、汚れだけを洗い流してくれる洗顔料。

洗い上がりはしっとりとしています。

10-YBローションは、キューソームに包まれたクロノライン、FGFなどの美容成分が贅沢に配合された美容液のような化粧水。

名前のとおり、10年前の肌に戻してくれるリッチな化粧水。

Cセラムは、たるみやくすみ、毛穴などに効果のあるビタミンCをそのまま配合してある美容液。

即効性があり悩みにいち早くアプローチしてくれます。

QuSomeモイスチャーリッチクリームは、肌の土台を整え、バリア機能を高めるクリーム。

うるおいの逃げない強い肌に導くクリームです。

肌の機能を正常に戻していくことで、肌の水分が逃げないようにしていくようなお手入れになります。

使っているうちに、自然と必要な水分を保つようになってくるので、若い頃の肌を思い出せるようになります。

体験してみたいという方は、まずはトライアルセットからお試ししてみましょう。

ビーグレン 乾燥・保湿ケア トライアルセット

ビーグレンのおすすめアイテム

ビーグレンを使ってみた中で、おすすめだと思う商品をご紹介しますね。

■10-YBローション

その名も10年前に戻るローション。

この化粧水を使うことで、10年前の肌を取り戻すことができるアンチエイジング化粧水。

どちらかというと美容液のようなテクスチャーの化粧水は、そのまま使ってもよし、ローションパックなどにしてもよし、美容液として使ってもよし、いろいろ役に立つ化粧水です。

毎日使い続けることで、シワやたるみがちょっとずつ変わってくる化粧水です。

■QuSomeモイスチャーリッチクリーム

以前ならCセラム(ビタミンC美容液)が一番のおすすめだったんですが、今ならモイスチャーリッチクリーム。

なんとなく全体的な老化の悩みで、ビーグレンの化粧品を1個だけ取り入れるとしたら、QuSomeモイスチャーリッチクリームをおすすめします。

QuSomeモイスチャーリッチクリームは、肌の基礎を立て直していくようなアイテムなので、毎日コツコツ使い続ければ必ず違いがわかってくると思います。

大手メーカーなら2万円くらいしてもおかしくないリッチなクリームがなんと7,000円。

お母様のプレゼントなどにも喜ばれそうです。

■クレイウォッシュ

ビーグレンの中では結構普通なアイテムなんですが、これこそ究極のアイテム。

ナチュラルクレイ 『モンモリロナイト』の特性を活かした泡立たない洗顔料。

泡立てが面倒な私にぴったり・・・?

汚れをやさしく落として、肌に必要なものはちゃんと残しておく洗顔アイテムです。

美肌は洗顔から。トラブルがある人はまず洗顔を見直してみてはいかがでしょう?

全部試せます。ビーグレンのトライアルセット

ビーグレンをお試ししてみたい方に

ビーグレンをお試ししてみたいと思っている方は、とてもラッキーです。

ビーグレンはトライアルセットがとても充実しています。

今現在は8種類のトライアルセットがありますが、私的には実質7種類かなと思ってます。

「乾燥・保湿ケア」と「たるみ・ほうれい線ケア」、「目元ケア」の内容は全く同じで、「たるみ・ほうれい線ケア」と「目元ケア」の方にはどちらも専用の美容液がついているので、「乾燥・保湿ケア」を買うなら、「たるみ・ほうれい線ケア」か「目元ケア」を買うべきかなと思います。

 

私は知らないで、乾燥・保湿ケアの方を買ってしまい、結局リフト美容液も買い、目元美容液も試してみたかったので、失敗したなと思いました。

それほど深い悩みはないんだけど、深くなる前に使ってみたいなと思う方は、脂っぽい肌の方なら毛穴ケア、乾燥気味なら目元ケアがいいかなと思います。

どちらも基本のステップが入っていて、毛穴ケアの方は、クリームがサッパリ系のジェルになってます。

目元ケアはアンチエイジングのステップに、目元専用の美容液が入ってます。

ビーグレンの目元美容液はとても人気があり、使ったらすぐに実感できるようなので、リピーターも多いとビーグレンのスタッフから聞きましたので、おすすめのセットです。

ビーグレンのトライアルセット 8種類を見てみたい方はこちら

ビーグレンのアウトレット

ビーグレンのアウトレット商品ってどうやって買うの?と気になっている方もいらっしゃると思います。

ビーグレンのアウトレット商品とは、ビーグレン正規品の中で、外箱の小さなキズや潰れがあり、品質規格から外れてしまったもの、または、新製品と入れ替わりで旧型になってしまった商品などのことです。

アウトレット商品は、一般的な商品よりも、15%くらい安く買うことができます。

ビーグレンのアウトレット、「b.アウトレット」には、ビーグレンの公式ウェブマガジン「ビーグレンイッシュ」から行くことができるようになっています。

ビーグレンのアウトレット商品は、すぐにソールドアウトになってしまうので、お目当ての物を安く買うためには、ビーグレンイッシュのメルマガに登録して、情報をもらうようにしておくと、素早くチェックできます。

とりあえずこちらからチェックしてください。→ビーグレン アウトレット

ビーグレンのCセラムってどんな美容液?

ビーグレンのCセラムは、ビーグレンの製品の中で最も人気が高い化粧品です。

実はCセラムは、ビーグレンの製品の第1号の商品です。

ビーグレンの開発責任者であるケラー博士が奥様が肌のことで悩んでいるのを見て作った化粧品なんだそうですよ。

なんでも、ケラー博士から見れば、一般的な化粧品は肌になじまないものなんですって。

ケラー博士が当時研究していた、”薬を患部に届ける”技術を使って作ってあげたので、すごく良く効いて、奥様が喜んだらしいです。

 

このお話にはポイントが2つあります。

1つめは、薬を患部に届ける技術というところ。

この技術を使っているのがビーグレンの化粧品です。

こういった医療に使われている技術の応用で、化粧品を肌の必要な部分まで有効成分を届けることができています。

 

もう1つは、すごく良く聞いて喜んだというところです。

結局化粧品は、わかったようなわからないようなもので、それに何千円から何万円までのお金を払っているんですね。

同じお金を払うなら、きちんとした技術を使って、有効成分を必要な部分までとどけてくれて、よく効く化粧品を買いたいものです。

 

DSCN3229

Cセラムは、6年前から使ってますけど、最初から全然変わってない化粧品です。

匂いがまず変で、テクスチャーもなんかおかしい、そんな美容液。

そんなの買わない?

いえ、一度使えば、その良さがわかります。

 

とはいえ、Cセラムは生のビタミンC配合の美容液なので、目元や口元に塗りこむような美容液とは違います。

どちらかといえば皮脂を抑えるような働きがあるので、Tゾーンや、ニキビの気になる肌に適しています。

毛穴が目立つ方なんかにもいいですね。

あと、ビタミンCはコラーゲン生成に役立つので、それほど乾燥肌っていうわけでもないという方は、肌全体に伸ばすといいと思います。

目元などはごく薄くで。

使ってみて、カサカサしてきた部分があれば避けましょう。

 

匂いは、とても化粧品らしくなく、鉄っぽいというか、そんな匂いがします。

テクスチャーはオイルっぽい感じです。

オイルではないので、ギトギトしたりはしません。

付けたら、ポッと暖かくなります。

それが浸透している証拠です。

ビーグレン Cセラム

ビーグレンのクレイウォッシュは最強洗顔料

クレイウォッシュは、自然の力で汚れを落とす不思議な洗顔料です。

クレイウォッシュの主成分はモンモリロナイトという目に見えないほどの超微粒子の粘土で、化粧品や食品添加物、医薬品などにも使うことができる素材です。

このモンモリロナイトはとても面白い性質があって、モンモリロナイトがマイナスイオンを帯びているので、汚れ等の持つプラスイオンを吸着してくれるんです。

これが、洗顔にモンモリロナイトを使う理由です。

また、モンモリロナイトには、イオン交換という機能があり、クリーム状に仕上げる段階で保湿材等の有効成分を配合、それをモンモリロナイト自体が、お肌の表面や毛穴に来たときに放出して、代わりに老廃物などを吸着してしまうんです。

これは、モンモリロナイト独自の性質なんで、勝手にやってくれるんですね。

こういうことを何かにやらせようとしてがむしゃらになって作ったワケのわからない物質とは違います(なんだそれ)

 

DSCN3214

実はこの洗顔料は一回使うと病みつきになります。

というのも、あの面倒な・・・泡立をしなくていいからです。

洗顔料を泡立てるのって、めんどうではないですか?

私はすごく面倒で、結局やめてしまいました。

なんとなく洗顔料をたくさん使わせるための洗脳のような気がして。

ビーグレンのクレイウォッシュは最初から泡立てて使わないタイプのものなので、すごく気が楽。

DSCN4672

テクスチャーはこんな感じ。

クレイ洗顔料というと、もっと泥っぽい感じがするんですが、ジェルみたいなトロっとした洗顔料です。

スクラブなどゴシゴシするようなタイプの洗顔料ではないです。

 

手に伸ばしてささっと洗ったら、流しますが、そのあとのスッキリなのにしっとりな手触りに感動します。

私はこの洗顔料が大好き。

ただの使用感、気持ちよさで言ったら、ビーグレンの中で一番好きなアイテムです。

ビーグレンのクレイウォッシュ