ビーグレンってどう?~40代からの美容情報

ビーグレンでまとめ買いする

ビーグレンの化粧品を買うときは、だいたいまとめ買いします。

DSCN3153

DSCN5386

年に2回のセールの時に2万円以上買い物をすると、ノベルティが付いてきます。

毎回違うもので、非売品の特別な化粧品です。

これを目当てに、いつも使っているアイテムをセールの時にまとめ買いする人も多いと思います。

セール時には、全商品が10%オフ~で買うことができますし、特別価格のセットなども用意されるのでお買い得です。

セールは毎年6月と12月に開催されています。

ビーグレンのセール

ビーグレンのホワイトニング

ビーグレンでは、歯を白くするための「ビーグレンデンタル ホワイトニングジェル」があります。

歯は、加齢とともに黄ばんできます。

なので、白い歯は若さの秘訣でもあるということです。

美意識の高い方は、歯のホワイトニングを考えたことがあると思います。

ですが、どのくらいの時間と費用がかかるのかと思うと、なかなかチャレンジしてみようという気になれないのではないでしょうか。

ビーグレンデンタルのホワイトニングジェルを使ったホワイトニングは、自宅でできるので、わざわざ出かけて行く必要がなく、煩わしさがありません。

費用も、歯科などでやってもらうよりもずっと安いと思います。

DSCN5113

とりあえず、1,980円でお試しができるので、買ってみました。

ホワイトニングジェルと、トレイ、ブラシ、スタンド、カラーガイドなどがセットになっています。

DSCN5137

組み立てるとこんな感じ。コンパクトに収納できます。

使い方は、歯磨きをしたあと、ホワイトニングジェルを葉に薄く塗り、ホワイトニングトレイをはめて、10~30分置きます。

時間が経ったら、トレイをはずし、口をゆすぎます。

色の変化を見るために、使用前の葉の写真や、カラーガイドを使い、歯の色をチェックしておいたほうがいいですよ。

少しずつの変化なので、何かしらの記録をしないと自分では分かりにくいと思います。

 

ビーグレンデンタルでは、アメリカで主流のホワイトニング成分を使った「ピュア・ブリーチングジェル」に、独自の「ホワイト・リアクター」を加えています。

これによって、刺激を減らし、さらに効果をアップさせています。

 

ビーグレンの化粧品を返品したいとき

ビーグレンの化粧品は、購入後365日以内なら返品することができます。

返品するときには、容器を返すことが必要になります。

それぞれの商品は一度しか返品できません。

同じものを何度も返品することはできないということですね。

トライアルセットは、容器と外箱がないと返品できないので、トライアルセットは、使いきるまで外箱を取っておく方がいいですね。

 

また、返金してくれる場合ですが、セットでお得になっている場合などは代金に対して、返品する化粧品の割合を算出して計算し、返してくれるようです。

クーポンやポイントを使った場合も、支払い代金をもとにして返金額が算出されます。

定期便で買ったものも返品することができますが、アウトレットや個人売買などで手に入れたビーグレンの化粧品は返品できないので注意してくださいね。

購入時にプレゼントがあった場合など、返品によって、このプレゼントも返してと言われる場合もあります。

返品するときは、追跡のできる方法で返送し、送料や返金時の振込手数料などもこちらの負担になります。

ビーグレン化粧品の感想

ビーグレンの日焼け止め

ビーグレンは、独自の浸透技術を使った基礎化粧品。

お肌の効かせたい部分まで美容成分を届けるので、目に見える効果が期待できます。

ビーグレンって、基礎化粧品のコスメメーカーなんだ・・・と思っていた方にはちょっと驚きのメイク用品があります。

それが、日焼け止めである「ヌーディヴェール」です。

写真などはこちら>>

ヌーディヴェールは化粧下地ですが、少し色が付いています。

顔にあたる光をコントロールするシャイニングパール効果もあるので、肌のくすみや色むらなどを適度にカバーしてくれます。

普段日焼け止めにパウダーを使っているという薄化粧の方や、ファンデを使いたくないという方にぴったりの日焼け止めです。

 

美容成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されていて、こちらもキューソームに包まれて、お肌の奥までとどくので、しっとりと保湿された肌が持続します。

コラーゲンやヒアルロン酸で保湿されることにより、皮脂の分泌が抑えられ、テカリや崩れを防ぐことができます。

 

また、下地として使うときに、肌に密着していないと、ヨレたり、お化粧がシワに溜まったりしてしまいます。

ヌーディヴェールは肌に沿って網目状に広がり伸び縮みする効果があるので、顔の動きにもヨレず肌にぴったりフィットします。

付けた感触がベタベタした感じがなくって、サラっとしています。

なので、次に付けるファンデーションもよれずに塗ることができます。

化粧下地のベタつきが気になるという方にもおすすめです。

ビーグレンのヌーディヴェール

ビーグレンのハイドロキノンはどのくらいの濃度で配合されている?

ビーグレンの化粧品の中で、ハイドロキノンを使っているアイテムは、QuSome ホワイトクリーム1.9。

ハイドロキノンの濃度は1.9%です。

それほど高い濃度ではないのね・・・というのが正直な感想。

ですが、ビーグレンでは、この少ない量というのに意味があると言っています。

効果を上げるためには、高濃度で配合したいところですが、ハイドロキノンについてはどうしても刺激が強くなります。

せっかくの高濃度配合の美容成分も使用に不安があっては使い続けることが難しくなってきます。

また、ハイドロキノンは酸化しやすいという特徴があり、さらに肌には浸透しづらい成分です。

ビーグレンは、QuSome(キューソーム)により、シミに効かせたい部分までハイドロキノンを確実に届ける技術があるので、それほど高い濃度ではなくても効果を上げることができます。

濃度が低ければそれだけお肌への刺激も減るわけです。

的確な場所にまで成分を到達させて効果を上げるには濃度が1.9%で良いということですね。

ハイドロキノンは、危険な成分という認識があるようなんですが、ハイドロキノンはもともとイチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶などの天然成分にも多く含まれている物質。

現在は安全に使えるよう開発も進んでいますし、化粧品に配合されているような濃度であれば、刺激などもありません。

ただ、ハイドロキノンを使って紫外線を浴びてしまうと刺激になってしまうことがあるので、夜のみの使用になります。

QuSome ホワイトクリーム1.9は、顔だけではなくて、紫外線のが当たることの多い手や体にも使うことができます。

QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレンの新しい化粧水(QuSomeローション)

10月1日にビーグレンから新しい化粧水が発売されます。

新しいローションの発売とともに、10-YB ローションとQuSomeホワイトローションは販売が終了となります。

というのは、新しいローションは10-YB ローションとQuSomeホワイトローションの両方の効果を兼ね備えたローションだからのようです。

新しいローションは、17時間も潤いが持続するという保湿力の高いものです。

さらに、10-YBのハリとQuSomeホワイトローションの透明感という両方の効果を持った化粧水なので、10-YB ローションとQuSomeホワイトローションは必要なくなるということです。

ビーグレンの化粧品は、様々な悩みに対応できるような化粧品です。

常に新しい、一般に知られていないような最新の成分を、独自の浸透技術により、素早く確実に効果が出るようなものを作ってます。

ビーグレンの新しい化粧品が発売されるのは、他の化粧品会社の化粧品とは違ったワクワク感があります。

ビーグレンの新しい化粧水

ビーグレンの年末セール

ビーグレンでは、夏と冬の、年に2回大きなセールが行われます。

年末のセールは12月の半ばくらいからクリスマスにかけて行われます。

セール期間中は全品10%オフとなりますが、最大ではもっとお得になる商品もあります。

セールといえば、皆さんが期待しているのが、購入時の特別プレゼントです。

セール中2万円分の商品を購入すると、ビーグレン未発売の、最先端の化粧品がプレゼントされます。

そのプレゼントが欲しくて、狙っている方も多いと思います。

プレゼントはたくさん用意されているのですが、なくなってしまうと違う化粧品のセットなどと変わってしまうため、その時にしか貰えないプレゼントが欲しい方は、セールが始まったらできるだけ早く購入するようにしましょう。

ビーグレンのトライアルセットはこちら

ビーグレンの化粧品はどのくらいの年齢の人が使っている?

ビーグレンを使っている年齢は、だいたい悩みが深くなる40代以降の人が多いようです。

ビーグレンはどのような肌質でも使える化粧品ですが、アンチエイジング化粧品として多く使われています。

ですが、様々な悩みに対応しているので、若い人でも使っている人は多いです。

例えば、大人ニキビ用の化粧品は、年齢を問わず使われています。

20代でも、肌の乾燥があるという深い悩みを持っている人でビーグレンを使っている人もいます。

ただ、10代の方だと、クリームなどは少し栄養が多すぎて肌に合わないこともあるそうです。

個人的な感想からいえば、たぶん30代後半か40歳になったくらいから、人それぞれ違うと思いますが、シミやしわ、たるみといったような悩みで、化粧品を探し始めます。

なので、だいたいこのくらいの年齢層で使い始める方が多いのかなと思います。

ビーグレンの化粧品は使ってみるとわかるのですが、効果が出るのがわかりやすいため、この化粧品に出会うと、使い続ける人が多いです。

ビーグレン化粧品の感想

ビーグレンの値段

ビーグレンの化粧品は、美容成分を角層の奥まで届け、肌の中に長時間とどまって効果を持続する化粧品。

他の化粧品では期待できない結果を期待することができる化粧品です。

ですが、値段はそれほど高くありません。

◆洗顔料・クリアウォッシュ 3,800円(さくらんぼ大を朝・夜使用で1ヶ月)
◆化粧水・10-YBローション 5,000円( 直径3cm程度を2度づけ、朝・夜使用で1.5~2ヶ月)
◆美容液・Cセラム 4,700円(直径2cm程度を朝・夜使用で1ヶ月)
◆クリーム・QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7,000円(パール1~2粒大を朝・夜使用で1.5ヶ月)

これらは、乾燥・保湿ケアの組み合わせの化粧品になりますが、ビーグレンの代表的な化粧品です。
一度に購入しても2万円くらいで、買いやすいお値段です。

だいたい2ヶ月くらい使えるので、それほどの負担ではないと思います。

全部揃えられないという方も、お悩みによって美容液などをピンポイントで使っている方も多いです。

◆たるみ専用美容液・QuSomeリフト 7,000円(1プッシュを朝・夜使用で1.5ヶ月)
◆目元専用美容液・トータルリペア アイセラム 12,000円(1プッシュを朝・夜使用で1ヶ月)
◆美容液・Cセラム 4,700円(直径2cm程度を朝・夜使用で1ヶ月)
◆クリーム・QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7,000円(パール1~2粒大を朝・夜使用で1.5ヶ月)

ビーグレン

ビーグレンのヌーディヴェール

DSCN6043

ビーグレンの商品の中で唯一のメイクアップ商品がヌーディヴェールです。

ビーグレンの化粧品の良さを知ってしまうと、メイクにも取り入れたいなとごく自然に思ってきてしまいます。

私がビーグレンと出会ったときはヌーディヴェールは商品化されていませんでした。

2010年のセールのプレゼントになったことがあり、使ってみたのを覚えています。

ヌーディヴェールは基礎化粧品と同じように、美容成分を肌に浸透させ、肌の状態を整えてくれる化粧下地です。

そのため、化粧崩れを防いで肌をナチュラルにキレイに見せてくれます。

これを買おうと思ったのは、化粧下地としてではなくて、素肌で出歩くときに、すっぴんのようなのに自分の肌よりもキレイにすることができると思って買いました。

DSCN6037

テクスチャーはふわっとしたホイップクリームのような感じです。

すごく軽くてつけ心地はサラサラ。

下地といえば、ぺたっとしたクリーム状のものが多いですが、これは不思議な感触です。

クリームは肌色をしているんですが、肌に伸ばすとそれほど色がつくという感じではないですが、肌の色がワントーン明るくなるのがわかります。

SPF36・PA++なのでUV効果もあり、ちょっとした外出ならこれだけでOKという方も多いです。

 

サラッとしたつけ心地も、次に塗るファンデーションの滑りを良くして、ムラなく付きます。

ヌーディヴェールが補正効果があるので、ファンデを重ねるとかなりマットな感じに仕上がります。

サラサラなので時間とともに乾燥しちゃうのかな?と思うんですが、潤いを閉じ込めている感じで、一日中乾燥せずに過ごせます。

冷房や暖房で肌が乾燥しがちという方の化粧下地にもイイと思います。