ビーグレンのハイドロキノンはどのくらいの濃度で配合されている?

ビーグレンのハイドロキノンはどのくらいの濃度で配合されている?

ビーグレンの化粧品の中で、ハイドロキノンを使っているアイテムは、QuSome ホワイトクリーム1.9。

ハイドロキノンの濃度は1.9%です。

それほど高い濃度ではないのね・・・というのが正直な感想。

ですが、ビーグレンでは、この少ない量というのに意味があると言っています。

効果を上げるためには、高濃度で配合したいところですが、ハイドロキノンについてはどうしても刺激が強くなります。

せっかくの高濃度配合の美容成分も使用に不安があっては使い続けることが難しくなってきます。

また、ハイドロキノンは酸化しやすいという特徴があり、さらに肌には浸透しづらい成分です。

ビーグレンは、QuSome(キューソーム)により、シミに効かせたい部分までハイドロキノンを確実に届ける技術があるので、それほど高い濃度ではなくても効果を上げることができます。

濃度が低ければそれだけお肌への刺激も減るわけです。

的確な場所にまで成分を到達させて効果を上げるには濃度が1.9%で良いということですね。

ハイドロキノンは、危険な成分という認識があるようなんですが、ハイドロキノンはもともとイチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶などの天然成分にも多く含まれている物質。

現在は安全に使えるよう開発も進んでいますし、化粧品に配合されているような濃度であれば、刺激などもありません。

ただ、ハイドロキノンを使って紫外線を浴びてしまうと刺激になってしまうことがあるので、夜のみの使用になります。

QuSome ホワイトクリーム1.9は、顔だけではなくて、紫外線のが当たることの多い手や体にも使うことができます。

QuSomeホワイトクリーム1.9

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*