未分類

未分類

ビーグレンの容量

DSCN3190

DSCN8458

ビーグレンの化粧品が届いた時、化粧品自体が、他の化粧品会社のものよりも大きくてビックリしました。

ですが、内容量は案外普通です。

  • QuSomeローション 120mL 直径3cm程度を2度づけ、朝・夜使用で1.5~2ヶ月
  • クレイウォッシュ 150g さくらんぼ大を朝・夜使用で1ヶ月
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム 30g パール1~2粒大を朝・夜使用で1.5ヶ月

だいたい1つ買うと、私自身は2ヶ月くらい使います。

容器が大きい理由は、光や酸化から守るための特別な容器になっているからです。

スキンケア商品というのは、素肌に直接付けるものですよね。

なので、とてもデリケートで繊細なものになっています。

b.glen




 

ビーグレンで眉間のシワを取る

眉間のシワや額のシワが目立ってきているということは、かなり深く刻まれているということになります。

額は紫外線がよく当たる場所で、光老化の影響を受けやすい部分。

眉間は、表情ジワで、いつも眉間に力を入れてしわを寄せていることで、自然にそれが深いシワとして残っていきます。

どちらのトラブルも長く蓄積したものですので、いつものお手入れではなかなか解消されません。

ビーグレンのお手入れとしては、一般的なお手入れ(クレイウォッシュ・10-YBローション・Cセラム・QuSome モイスチャーリッチクリーム)の他に、QuSomeレチノAを使います。

QuSomeレチノAは、2種類のビタミンA類成分、「レチノイン酸×ビタミンEのハイブリッド成分」と「レチノールプラス」が配合された美容液。

純粋なレチノールプラスがお肌を柔軟にして、レチノイン酸×ビタミンEのハイブリッド成分がじっくりとハリのもとを作り出します。

QuSomeレチノAは、深いシワに働きかけるだけではなく、ターンオーバーを整えたり、水分保持力の向上といった働きもあります。

使い方は、朝、晩と化粧水の後に使います。

日中に使う場合は、必ず日焼け止めを使って、紫外線を防ぐようにします。

また、QuSomeホワイトクリーム1.9と同時に使う場合は、朝か晩に分けて使うようにしましょう。

敏感肌の人は、少量ずつを試して使ってみることから始めたほうが良いです。

ディープラインケア トライアルセット

ビーグレンでシワを取る

シワは、人により悩みが分かれる部分

  • 目元のシワ
  • ほうれい線
  • 額や眉間の深く刻まれたシワ

だいたいこのような悩みになっています。

目元のシワ

目元は他の皮膚と比べて薄く、運動量も多いので、小さなシワから現れることが多い部分です。

ビーグレンでは、目元専用の美容液があります。

この美容液は、ビーグレンのかくれた名品のようなもので、他の目元専用の化粧品と比べてシワを劇的に目だたなくしてくれるので、リピーターが多い商品なのだとか。

ほうれい線

ほうれい線というのは、フェイスラインのたるみが原因になっているので、リフト専用美容液があります。

これは私も使っていますが、ジェル状で、マッサージしながら使えます。

さっぱりした使用感なので、メイク前にも使えて便利。

顔がむくみやすいなんて方にも使えるアイテムです。

額や眉間の深く刻まれたシワ

額のシワや眉間というのは、気付いた時にはかなり深いシワになっており、対処が難しい部分。

この部分の深いシワは、諦め気味な人も多いかもしれないです。

ですが、深いシワはやっぱり老けて見えちゃうので、すごく治したい気持ちが大きい部分でもあります。

こういうシワには、ビーグレンではレチノールを使います。

レチノールはビタミンAで、なんだか天然の優しい成分ですが、実際は刺激が大きい成分です。

ビーグレンは、ビタミンCやハイドロキノンもそうですが、刺激が強いものをキューソームで包むことで、刺激を抑えることができます。

しかも、必要な場所に届けることができるので、少量で効果を上げることができるので、この点でも刺激を抑えられています。

ビーグレンのお悩み別トライアルセット